前へ
次へ

自宅で葬儀を行うときの意外な費用

葬儀は葬儀会社に依頼することが多く、会場なども葬儀会社の施設などを利用することもあります。

more

葬儀をする場所を決める優先順位

亡くなってから葬儀の日程が決まるまではあまり時間がありません。
早ければ臨終の翌日には通夜をす

more

葬儀の日程はどうやって決めるのか

人が亡くなったらすぐに葬儀が行えるかですがさすがにそれはできません。
一応医師が死亡の確認をす

more

多様化するお葬式に対しての理解

宗派や親類の参列者によって、さまざまなタイプがあるお葬式ですが、故人の意向をくんで行われたなら、納得したお別れが叶います。
一昔前とは違い核家族が増えており、仕事の都合で転勤が多い人が増えましたから、小規模なお葬式を行う場合もあることを、理解しなければならない時代です。
もしも、自分の余命が予測できる場合には、きちんとした遺言書やエンディングノートを活用することが大切ですが、意にそぐわないそれなりのお葬式になってしまっても、納得することが大切です。
忙しい現代では、自分の子供に兄弟がいても、さまざまな都合でお葬式の段取りが上手く行えないこともありますから、その時に最大限の努力があれば感謝しなければなりません。
生き方が多様化している分、お葬式もそれぞれのやり方がありますから、それぞれに理解することが必要です。
お葬式そのものよりも、故人に対しての尊敬や感謝があることの方が大切ですから、生きている間に人間らしく振る舞うことは大切です。

お葬式費用についてはこちら
お葬式にかかる費用の内訳を明確に提示しお見積りをさせていただきます。24時間受付けておりますのでお問い合わせください。

Page Top